ホテルステイを楽しむなら、インターコンチネンタル横浜Pier 8のクラブフロアが激推し!

お出かけ

こんにちは、ほくちゃん家です!!

「旅行に行きたいけれど毎度あちこち動き回るのも疲れちゃうから、たまには宿でのんびりする過ごすのも良いかもな~。」

「でも部屋に籠りっきりっていうのも、なーんか損した気分になるし、宿泊中ずっとホテルでご飯食べるとなると高くつくしな~。」

なんて思っている皆さん、是非これを機にホテルのクラブフロアに宿泊しましょう!

こんなこと言っているほくちゃん家もつい最近クラブフロアなるものを知り、ごく最近クラブフロアに宿泊してきたのですが・・・

とっっても良い!!

特にほくちゃん家が2020年10月に宿泊した、インターコンチネンタル横浜Pier 8のクラブフロアは、口コミに違わずすごく満足度高かったです(料金も一泊2人一室で75,000円程とだいぶお高いんですが、今回はGo To トラベル一休の即時利用ポイントの力で38,500円くらいで泊まれました)!

全力でおススメなので、その宿泊記を書いていきますね!

誰が撮っても映えるインターコンチネンタル横浜Pier 8の入り口階段
・インターコンチネンタル横浜Pier 8のクラブラウンジのプレゼンテーションは、質・量ともに食事として満足できる内容なので、コスパが良くおススメ!

・たまの贅沢としてラグジュアリーホテルに泊まりたい人には、ポイント即日利用できる一休からの宿泊予約がおススメ!

・インターコンチネンタル横浜Pier 8は、部屋もルーフトップも高級感に溢れていて、かつ落ち着ける雰囲気。

スポンサーリンク

クラブフロアとは?

皆さん、ホテルのクラブフロアって知っていますか?

ほくちゃん家はつい最近まで知りませんでした。

ホテルによっては一般の客室とは別に、特別なサービスが用意されている客室があるそうで、そういった客室のあるフロアを一般にクラブフロアと呼ぶらしいんです

お部屋の名前に「クラブフロア」と付いている場合もあれば、「エグゼクティブ~」「スイート~」を冠したお部屋がクラブフロアのお部屋に該当する場合もあるそうで、まあ、クラブフロアのお部屋の呼び方はホテルによっていろいろってことみたいです^^。

ちなみに、クラブフロアにアクセスするには特別なクラブフロア用のルームキーが必要なようで、正に「一般フロアとは別世界」な空間となっているそうです。

ホテルの中にこんな区分けがあるとは全く知らなかったんですが、クラブフロアって結構昔からあったんですかね(ほくちゃん家が無知すぎて知らなかっただけ?)

と言う訳で、まずはほくちゃん家同様クラブフロア初心者さんのために、「クラブフロアのメリット」と 「クラブフロアのデメリット」を解説していきますね^^。

メリット:クラブフロアは一般の客室よりも、いろんな質の高いサービスを受けられる

ホテルによって、クラブフロアに用意されているサービスは異なるらしいのですが、大抵下記のような内容みたいです。

☆クラブラウンジが利用できる

ほくちゃん家が「今回クラブフロアに泊まりたい!」と思った大きな理由(というか唯一の理由)が、「クラブラウンジを利用したいから」です。

クラブラウンジではいつでも、スナックや飲み物(ホテルによってはお昼からアルコールも)を好きにいただくことができます。

また、ホテルによって時間や回数は違いますが、日に何度かフードプレゼンテーション(各時間帯限定で提供される軽食)があります。

これらのサービスが好きなだけ(言い方アレですがおかわりし放題で)楽しめるのです

せっかくクラブフロアに宿泊するなら、クラブフロアの目玉とも言えるクラブラウンジでのフードプレゼンテーションが充実しているホテルに宿泊したいですよね^^。

☆クラブラウンジでチェックイン・チェックアウトできる

クラブフロアに宿泊する宿泊客はクラブラウンジでチェックイン・チェックアウトの手続きができるため、混雑する一般フロアのロビーで、長蛇の列を作って順番待ちする必要がありません。

とりあえずクラブラウンジのソファに腰かけて、ゆっくりお茶を飲みながら手続きを済ますことができます。

何事においてもとにかく楽です。

☆客室の階層が高く、部屋の設えやアメニティのグレードが高い

一般的に、クラブフロアの方が一般のフロアよりも高い階層に位置していることが多いため、部屋からの眺めも良いです。

また、客室が広めだったり、寝具やアメニティがワンランク上の物だったりします

☆クラブフロア宿泊者だけが利用できる施設がある場合も

ホテルによっては、クラブフロアの宿泊客だけがプールやフィットネスを利用できる、といった特典があるようです。

混み合わずにこういった施設を利用できるのは嬉しいですね。

☆その他、専属のコンシェルジュがついていたりこまごましたサービスがあったり・・・

他にも、ミーティングルームを利用できたり、服のクリーニング靴磨きをしてくれたり、専任のコンシェルジュがレストランやスパの予約から細々とした困りごとをなんでも受け付けてくれたりします。

ここまでくると、ホテル側の「決して宿泊客にストレスを感じさせまい」といった意気込みとプライドを感じますね。

デメリット

☆お値段お高め

デメリットはただ一つ、宿泊料金が高いことです!

ホテルによりますが、だいたい一般フロアと比較して5,000~20,000円の差があります。

ただ、サービス内容の良いクラブフロアを有したホテルを選べば、クラブフロアに宿泊することで、宿泊費の他に食事代がかからずに済んだり本来別料金の施設をサービスで利用できたりするので、むしろお得に済んだりもします^^。

スポンサーリンク

インターコンチネンタル横浜 Pier 8のクラブフロアがホテルステイにピッタリな理由

インターコンチネンタル横浜 Pier 8では、「クラブ」または「スイート」と部屋名に付いているお部屋が、いわゆるクラブフロアのサービスを受けられる対象になっているお部屋です。

ここからは、インターコンチネンタル横浜 Pier 8のこれらのお部屋がおススメな理由を書いていきます(と言っても、クラブラウンジのサービスが、おススメポイントのほぼ全てにはなるのですが(^^;))!

クラブラウンジでの一日4回の上質なプレゼンテーション

クラブラウンジ
インターコンチネンタル横浜Pier 8

ほくちゃん家がここのクラブフロアを推す理由は、1にも2にもクラブラウンジのサービスが良いからです!

インターコンチネンタル横浜Pier 8では、下記のようなフードプレゼンテーションが用意されていました。

★朝食(7:00~12:00)
 →いわゆるリッチなホテルの朝食
★アフタヌーンティー(15:00~17:00)
 →結構しっかりしたセット
★カクテルタイム(17:30~19:30)
 →夕飯としてじゅうぶんな質と量
★ナイトキャップ(19:30~21:00)
 →ちょっとしたおつまみとお酒が楽しめる
★ブランチ(11:00~))
 →サービス一覧には正式に書かれていないのですが、ブランチもあるみたいです。朝食の後に食べてもいいそうです。ワッフルやエッグベネディクトやフレンチトースト等がいただけます。
 

頑張っていいホテルに泊まったはいいものの、食事にかかる更なる出費に怯えて全力でホテルステイが楽しめなかった、なんてことになったら残念極まりないですよね(^^;)。

ここのクラブラウンジは目の前が海で雰囲気も抜群だし、高級レストランの食事として満足のいくフードプレゼンテーションが提供されるので、宿泊費意外にあまりお金をかけずにホテルステイを楽しみたいほくちゃん家にとっては天国のようでした(ホテルによってはクラブラウンジとはいえ、ほんとにおつまみ程度の物しか提供されない場合もあるそうです)。

インターコンチネンタル横浜Pier 8の、クラブフロアのお部屋と一般のフロアのお部屋の価格差は大体2万円(つまり2人一部屋に宿泊すれば、1人当たりの価格差は1万円くらい)なのですが、これだけ素敵なクラブラウンジという空間で一日贅沢に過ごせることを考えると、クラブラウンジを利用できるという特典があるだけでもう、クラブフロアに宿泊する方が断然お得に思えます。

一般フロアに宿泊して同じグレードの物を追加の出費で朝昼晩、飲んだり食べたりしたら、確実に倍以上の金額がかかります^^;。
クラブフロアってそもそもお金にゆとりのある人向けのものであって、ほくちゃん家のように「元取ってやる」とガツガツするための場所じゃないんでしょうけど、はしゃぎすぎて迷惑かけないよう気を付けるのでたまの贅沢を許してやってください(^^;)。

ではでは、ここからはほくちゃん家が実際にクラブラウンジで食べた物を紹介していきますね^^。

アフタヌーンティー

まずはチェックインと同時にアフタヌーンティータイムに突入。

飲み物。

アールグレイ(TWG Tea)とブラックコーヒー

他にも各種搾りたてフルーツジュース等ありました(この時間はアルコール類は無し)。

そしてお待ちかね、アフタヌーンティーセット。

ちゃんと3段になってます^^。

見た目も華やかでしっかりボリュームある!

一番上の段から

ぶどうのゼリー
中にナッツのチョコがけした物とかドライベリーが入ってました。
ハロウィンの季節だったので、ホワイトチョコのオバケさんが溺れています。
さっぱりしていて、でも中にいろいろ入っていて凝っていて美味しかったです。

ヘーゼルナッツのトリュフがゼリーの隣にあったはずなのですが、写真撮り忘れました・・・。美味しかったです。

二段目
左から、和栗のモンブランリンゴのムース(シナモン風味)紅茶のエクレア
こちらもハロウィン仕様🎃。
紅茶のエクレアに入っていた紅茶風味のバタークリームが軽やかで紅茶の良い香りがしました。

三段目

左からツナのキッシュフェタチーズとドライトマトとオリーブのオリーブオイル漬け豚肉のリエット(写真撮り忘れ)。

キッシュがほの温かくて美味しい。
オリーブオイル漬けは粒胡椒がよいアクセント。
またまた撮り忘れましたが、リエットも滑らかで美味しい。

スコーン

プレーンりんご風味の二種類ありましたが、どちらも小ぶりでザクザク系の食感。

りんご風味のは、日本酒でどうにかしたりんごで作った物らしいです。
スパイシーでクリスマススコーンっぽい味がしました。

スコーンとしての食感はもうちょっと中が柔らかいのが好みですが、これはこれでクッキーぽくて美味しかったです(特にりんごの方)。

ブルーベリージャムと蜂蜜、生クリームが添えられていました。

お昼抜いてきたので「おかわりしまくってやる!」と意気込んできたのですが、思いのほかボリュームがあったのと飲み物も何杯か飲んだせいで、ひととおり食べて満腹。

カクテルタイム

お次はカクテルタイム。

席に通された後に飲み物を注文したのですが、例によって写真を撮り忘れました。

確か、シャンパンビールだったような・・・。

ビール、ワイン、日本酒など、いろんな種類のお酒があったと思います(もちろんソフトドリンクも)。

まずは冷菜のプレートが運ばれてきます。

一番彩り良く見栄えのする、野菜スティック(中央)をうっかり写真を撮る前に食べてしまいました。

スミマセン。

アンチョビのソースがとっても美味しかったです。

他は、上の緑っぽいものから時計回りに
アボカドと小エビの何かシマアジの炙りパテドカンパーニュフォアグラとアナゴのタルトイクラとクリームチーズのタルトサツマイモとトマトの何かです。

普段ほとんど飲まないのに調子に乗って白ワインやら赤ワインやらをいろいろ飲んでいたため、このあたりからろくすっぽちゃんと名前を憶えていなくて申し訳ありません(こういう雰囲気の良い所に来るとワインを飲みたくなる・・・) 。

全体的に丁寧で繊細な味がして美味しかったです。

高級レストランの味✨。

フォアグラとあなごも、主張強い者同士の意外な取り合わせでしたがよくマッチしていていました。

ちなみに冷菜は、前までビュッフェ形式で自由に取りに行くスタイルだったらしいのですが、コロナ対策により、予め一皿に盛り付けてサーブされる形式に変わったようです。

「自分で好きなだけ取りに行けた方が良い」という人もいるかもしれませんが、ビュッフェじゃなくても、おかわりしたければ気軽にお願いできる雰囲気だったので、ほくちゃん家的にはサーブしてもらえる方が楽で良いかな、と思いました(実際はお腹がいっぱいでお代わりできませんでしたが(^^;))。

温菜のプレートです。

右上から時計回りに
さんまの何かしらすとほうれん草のキッシュ鴨胸肉のローストフォアグラのブリュレ

とっても上質で美味しかったことは覚えているのだけれど、だいぶお酒が入っていたこともあり細かい記憶が・・・。

こちらも、食べる前はお代わりする気満々だったものの、食べたら満腹のため断念。

ナイトキャップ

続いてナイトキャップ。

ミモザウィスキーをいただきました(いつにも増して写真写りがアレですが )。

小菓子も一緒にサーブされました。

こういうちょっとした物も、いちいちちゃんと美味しい。

これ以外にもナッツやジャーキー等もあったようですが、お腹がいっぱいで食べられませんでした(^^;)。

朝食

寝心地良いベッドでぐっすり眠った後は朝ごはん^ ^。

窓際の席から見た景色。

天気も良く、海がキラキラで心洗われるようですね^^。

朝食は、「コンチネンタルブレックファスト」「アメリカンブレックファスト」「RISE&SHINE」「和朝食」から選べます。

「コンチネンタルブレックファスト」
ヨーグルトまたはシリアルとパン、サラダ、フルーツが食べたい人(軽め)

「アメリカンブレックファスト」
卵料理とサイドディッシュとパン、サラダ、フルーツが食べたい人が食べたい人(そこそこのボリューム)

「RISE&SHINE」
→朝からがっつりステーキが食べたい人(ボリューム大)。人気メニュー。

「和朝食」
ご飯と焼き魚が食べたい人(そこそこのボリューム)

という感じですかね。

ここに来たからにはステーキを食べるべきか迷ったのですが、お腹と相談してやめておきました(アメリカンブレックファストと和朝食にしました)。

他の方のブログで、ステーキの写真たくさん見れると思うので、是非見てみてください(^^;)。

すごく美味しそうで、ほくちゃん家もお腹が空いている今見ると、なんで食べておかなかったのかと後悔してます(アメリカンブレックファストと和朝食も美味しかったですが)。

こちら、ほくちゃん妻が選んだアメリカンブレックファスト。

パンがサクサク、オムレツがフワフワで美味しかったです。

いかにも贅沢なホテルの朝ごはん、という感じ。

ほくちゃん夫の和朝食。

ご飯が美味しい(これ大事)!

お魚もふっくら焼けていました。

あまりにリラックスしすぎて詳細なメモをとっておらず、あっさりした説明になってしまいスミマセン(^^;)。

ブランチ

ホテルから貰ったクラブラウンジ のサービス案内の紙には書いていなかったので、ほくちゃん家は食べずに帰ってきてしまったのですが、11:00からはブランチの提供もあるみたいです。

ワッフルやエッグベネディクトやフレンチトーストを中心に、ジュース・サラダ・スープをいただけます。

早めに朝食を食べて時間をあけてから1100過ぎにもう一度ラウンジに来てブランチにしてもいいし、遅めに朝食を食べた後、続けて追加でブランチをお願いしてもいいそうです。

知らなかったー(´;ω;`)。

フレンチトースト食べたかったな〜(朝ごはんの後に食べれたとは思えませんが)。

こちらも他ブログで写真や食べた感想を載せている方がたくさんいらっしゃるので「ピア8 ブランチ」とかで検索して見てみてください(^^;)。

そして皆さんは悔いの無いよう、是非食べてきてください!

その他のクラブフロアサービス

クラブフロアまたはスイートルームの宿泊客は、クラブラウンジ 利用のほかに下記のようなサービスを受けることができます。

プレスサービス(2点まで)

客室から横浜市内固定電話への無料通話

こちらに関しては、ほくちゃん家は特に必要なかったのでお願いしませんでしたが、大事なイベントに参加したりやディナーに行く前に、移動中に皺が付いてしまった衣服を整えたい、という方や、横浜観光のため市内のいろいろな施設に問い合わせの電話をしたい、という方には嬉しいサービスですね^^。

スポンサーリンク

高級ホテルの宿泊は一休からの予約がオススメ

皆さんは宿の宿泊予約をする時にどの予約サイトから予約していますか?

ほくちゃん家場合、高級宿の予約は、もっぱら一休からしています。

理由は2つあります。

一休がおススメな理由その1 : 上質なサービスをお得に受けられる

1つめの理由は、サービスと価格のバランスが良いからです。

たまには、上質なサービスの宿に、よりお得に泊まりたい」という人におススメです。

「終電を逃してしまったから、最低限のサービスでとにかく安いところに泊まりたい」という方にとっては、他サイトの直前割プランとかで探した方がより手軽な宿の安いプランが見つかると思います。

また、定期的にラグジュアリーな旅行に行っている方は、年会費を払うなどして系列ホテルの会員になった方がコスパが良いですね^^。

一休がおススメな理由その2 : ゲットしたポイントを即時利用できる

そしてほくちゃん家が宿予約を一休からする2つめの理由は、一休では予約時に得られるポイントを、1ポイント=1円として即時利用して、その時の宿泊代金に充てることができるからです。

そして基本的には、予約時に得られるポイントは宿泊料金の1%ということになっているのですが、各宿で「ポイント付与〇倍」というプランが出ていることが結構多いんです。

たとえば、一休サイト上で「宿泊料金50,000円、ポイント付与5倍(2,500円分)」という宿があったとすると、5%分のポイントの2,500ポイント=2,500円を宿泊料金50,000円に充てる、つまり50,000円 – 2,500円= 47,500円で宿泊することができる訳です。

ちなみに、ポイントの付与率は宿や時期や会員ステージによって違います。

ほくちゃん家の場合、「絶対この宿に泊まりたい!」というこだわりが無ければ、「ポイント倍増特典付きプラン特集」の中から宿泊したいエリアの宿を選んで、より高ポイントゲット(つまり高割引での宿泊)を狙います。

全国 ポイント倍増特典付プラン特集 | 一度は泊まりたい!全国 ポイント倍増特典付プラン特集 人気ホテル・旅館【2021年】 - 一休.com
全国 ポイント倍増特典付プラン特集 の宿泊予約は一休.com。人気施設のお得なタイムセール・プライベートセールなどのスペシャルオファーも充実。厳選旅館・ホテルで贅沢な国内旅行をお楽しみください。

時期や物によっては20%以上のポイントが付与される(つまりポイント即時利用すれば20%引きで宿泊できる)プランもあったりします。

ほくちゃん家は宿を予約する際に一応、トリバゴやトラベルコ等のメタサーチサイトで、各予約サイトの「同じホテルの同じ部屋、同じプラン」どうしの価格を比較検討したりはするのですが、それでも結局一休の「ポイント倍増特典付きプラン」から予約するのが一番安くなる場合が多いと思っています。

一点注意したいのは、メタサーチサイト上の一休の表示価格は、ポイント使用価格が載っていることが多く、一見他サイトの同じようなプランよりも高く見えてしまうことが多い、ということです。

一休のサイトから、ポイント使用後の価格を確認して他サイトの価格と比較するようにしましょう^^。

今回の宿泊費内訳

ほくちゃん家が2020年10月に一休からの予約で、インターコンチネンタル横浜 Pier 8に宿泊した時の元の宿泊料金は、74,802円でした。

ここからポイント分の割引が入ります^^。

ほくちゃん家が利用したプランでは、下記のような割り引いになりました。

「ポイント倍増特典付きプラン(ポイント15%)」+「カード払い、会員ステージに応じて付与されたポイント(3%)」= 18%分のポイントゲット

この18%分のポイントを利用し、下記料金になりました。

74,802円 – 13,464(ポイント18%分)= 61,338円

ポイント利用で13,464円も即時で安くなるなんて、嬉しいですよね。

今回ほくちゃん家は、最終的に18%ポイントゲットとなりましたが、タイミングによっては、インターコンチネンタル横浜 Pier 8も20%以上のポイント付与があったりするみたいなので、皆さんも是非ちょこちょこチェックして狙ってみてください!

余談ですが、ほくちゃん家はGo To トラベル実施中に宿泊したので、実際はここから Go To割が入って、最終的に38,561円での宿泊となりました(地域共通クーポンも10,000円分ゲット)。

こっちの方が割引のインパクトは大きかったんですが、まあ、一休の割引を国の政策と比較するのはちょっとかわいそう、ということで(^^;)。

まとめ

本記事でほくちゃん家が伝えたかったことは、

「 インターコンチネンタル横浜 Pier 8 のクラブフロアは、クラブラウンジのサービスが良くてとってもおススメだよ」

ということと、

「ラグジュアリーホテルの予約なら、ポイント即時利用できる一休がおススメだよ」

ということの2点に尽きます!

2021年4月現在は、まだ新型コロナウイルスが猛威を振るっていてなかなか旅行もしづらいかもしれませんが、ほくちゃん家は毎日全国の素敵な宿をチェックして、いつか気楽に旅行に行けるようになった時に向けて夢を膨らませています^^。

皆さんも、諸々の兼ね合いで「行けそうだな」というタイミングになったら、インターコンチネンタル横浜 Pier 8是非おススメなので宿泊してみてくださいね!

ではでは、ほくちゃん家でした~。

以下、長めのオマケ話を書いているので、興味あったら見てってやってください!

【インターコンチネンタル横浜Pier 8】 の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊予約は 2019年10月31日開業の国際ブランドホテル。埠頭に位置する優雅なプライベート空間で特別なご滞在を。

おまけ:インターコンチネンタル横浜 Pier 8でのほくちゃん家の過ごし方

おまけなんですが、ほくちゃん家がインターコンチネンタル横浜 Pier 8滞在中、どんな感じでホテルステイを楽しんだのか、ご紹介しますね。

まず、ほくちゃん家が宿泊した部屋の様子。

部屋の入口。

ほくちゃん家が宿泊した部屋は「クラブインターコンチネンタル ダブル シティビュー」というカテゴリの部屋です。

ブロガーさんたちが口を揃えて「シティビューがおすすめ!」と言っていたので シティビューの部屋にしました。

部屋の入り口からの見た目。

先に見える通路の左側にお風呂・右側に洗面、奥にベッドルーム、左側にトイレがあります。

伝わるか分かりませんが、お風呂場を囲むようにぐるっと廊下があるつくりです。

部屋に入ってすぐ廊下を左側に曲がるとあるトイレ。

とっても清潔で素晴らしい✨。

このグレードのホテルのトイレを疑いはしませんが、ほくちゃん家は出先でのトイレの綺麗さを何よりも大事に考えていて、暗くてジメジメしたトイレには絶対入れないです(決して綺麗好きという訳では無いんですが、トイレだけは譲れない)。

いつか、良くいく街のおススメトイレMapを皆さんのために作ろうと考えています。

部屋入り口先の通路左側にあるお風呂。

ちゃんと洗い場があって、体をばしゃばしゃ洗えるのが嬉しい^^。

部屋入り口先の通路左側にあるシンク。

ほんとはこの写真の見た目の100倍くらいおしゃれなエリアだったのに、自分が鏡に映ってしまわない事ばかり気にしすぎて、何が撮りたいんだか分からない薄暗い写真になってしまいました。

自意識過剰でした。スミマセン。

ベッド。寝心地良かったです。奥の方に横浜シティを望むことができる大きな窓があります。

ベッドの奥のエリア。

ちょっとソファでくつろぎながら外の良い景色を眺めることができます。

カーテン開けて撮れば良かったです・・・。

夜に窓から見える景観。

確かに、「横浜といえば」という景色が見渡せて、皆さんがシティビューをおススメする理由が分かります^^。

そうそう、ほんとに偶然だったのですが、この日はインターコンチネンタル横浜 Pier 8の一周年記念前夜だったらしく、お部屋の机にこんなレターが置いてあったんですよ。

へえ~、ギターデュオクルーズ!!

どっちも参加したい!

というわけで・・・

Rooftop 1859 (ルーフトップ) でのギターデュオの演奏。

ただでさえ雰囲気の良いルーフトップに、優しいギターの音色が広がって、夢見心地なひと時でした。

ほくちゃん家は今回の滞在で、この時が一番贅沢で満たされた時間のように感じました。

本当に心地よかった✨。

2周年目に訪問したら、またやってくれるのでしょうか?

ちなみに、ここのルーフトップは眺めと雰囲気が良いことで有名みたいなので、参考に昼夜の写真をなんとなく載っけます。

ルーフトップから見た夜の赤レンガ方面。

是非皆さん、ここでプロポーズしましょう。

昼間のルーフトップ。

ここでブランチもできるみたいです。最高!!

晴れていたので尚更気持ちが良かった。

もう一つの開業一周年イベント、ホテル専用船での横浜クルーズ

けっこうな範囲をクルーズしたと思うのですが、手振れが激しすぎて載せられる夜景の写真がこれくらいしかなくてスミマセン。

肉眼に焼き付けてきたので良しとします。

とっても素敵でした。

クルーズの途中にすれ違った大型船。

下から見るとすごい迫力。

今回ほくちゃん家は、この1周年記念イベント+クラブラウンジのプレゼンテーションをフルで楽しんだのですが、超忙しかった!!

それと、ことあるごとにスープとかホットチョコレートを振舞ってくださるので、すごいお腹いっぱいになった!!

こんなイベントあるなんて事前に知らなかったから、ずーっとラウンジでのんびり優雅に過ごすつもりで、作業用にパソコンなんかも持って行ったんですが、一度も開きませんでしたね(笑)。

でも本当に楽しくて良い時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございますm(__)m。

【インターコンチネンタル横浜Pier 8】 の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊予約は 2019年10月31日開業の国際ブランドホテル。埠頭に位置する優雅なプライベート空間で特別なご滞在を。

おまけ2:横浜散策

ホテルに向かう前に、横浜イングリッシュガーデン に秋バラを見に行ってきました。

10月だったので、入り口はハロウィン仕様になっていました。

ここからしばらくバラの写真↓。

いや~、素晴らしかった。

やっぱり、お花を見ると心が浄化されますね。

いい時期に見に行けてよかったです。

横浜イングリッシュガーデン以外にも、赤レンガ近辺をちょっと散策しましたんですが、コレ↓なんですかね?

素敵な港町を歩いていたら、突如遺跡のような場所に出たのですが・・・。

ここは横浜で有名な場所なんでしょうか?

【インターコンチネンタル横浜Pier 8】 の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
インターコンチネンタル横浜Pier 8 宿泊予約は 2019年10月31日開業の国際ブランドホテル。埠頭に位置する優雅なプライベート空間で特別なご滞在を。

ほくちゃん家はこういうデカダンスな雰囲気わくわくしてしまうので、誰か詳しい人教えてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました