コロナが落ち着いたら行きたい、おススメ東京スポット5選!

お出かけ

こんにちは、ほくちゃん家です!!

2021年5月も、東京では相変わらず新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着かず、なかなか積極的に外出しようと思えない状況ですし、お店も臨時休業中なところが結構ありますよね。

今はみんな大変な時なので、感染防止のため家の中で大人しくすることに努めるとして・・・

でも、楽しいことも考えたいじゃないですか( ̄  ̄)

家に篭っているからこそ、「落ち着いたらあれがしたい」「あそこに行きたい」とか想いが膨らむんですよね。

そんなわけで今回は、ほくちゃん家が自粛中に思いを募るだけ募らせてまだ実現できていないことを、ほぼ自分ら用の覚書として書き連ねていこうと思います

もしほくちゃん家と同じように「出かけられるようになったら、いろんなところに遊びに行きたい!」と思っている方がいらっしゃったら、ちょっとでも参考になると嬉しいです。

では、さっそく紹介していきます^^。

スポンサーリンク

落ち着いたらやりたいこと5選

マンダリンオリエンタル東京に宿泊したい(東京・日本橋)

マンダリンオリエンタル東京

マンダリンオリエンタル東京といえば言わずと知れたラグジュアリーホテルですよね。

なんでほくちゃん家がマンダリンに宿泊したいのかというと、現在こちらでは5月31日までの予約申し込みでお得に宿泊できる「ありがとう15年」というプランが提供されているからです(8/31までの宿泊にこのプランを適用できるそうです)。

HPからこちらのプランで予約すると、下記のようなお得な料金で宿泊できます。

   通常料金   プラン価格
(税金・サービス料込価格)
デラックス ルーム 58,000円~41,745円
デラックス プレミア ルーム63,000円~44,275円
マンダリン グランド ルーム73,000円~56,925円
マンダリン コーナー スイート170,000円~113,850円

さらに、上記したのはは素泊まりの料金なのですが、こちらから無料登録できる「ファンズ オブ M.O.」に登録して会員になってHPから予約すると、朝食を付けたり客室グレードアップができたりレイトチェックアウトにできたりするみたいです(いくつかあるオプションから2つ選べる)

それを加味すると、他予約サイトで出している同条件のキャンペーン価格よりも結構お得なんじゃないかな、と思います。

ほくちゃん家は、7月半ばくらいには新型コロナの感染状況がある程度落ち着き、東京でも地域観光事業支援が実施されることを期待して、対象になるであろう日取りで予約して、そちらの割引も適用させたい目論見です。(全くの希望的観測ですが・・・)

地域限定勇退を利用して星野リゾートに宿泊したい

星野リゾート

お次は星野リゾート。

星野リゾートも高級ゆえなかなか気軽に泊まりに行くことはできない、みんなの憧れの宿ですよね。

そんな星野リゾートが、 自宅から1〜2時間で行ける範囲の旅行「マイクロツーリズム」 と称して、地域限定でお得な値段で宿泊できるキャンペーンを実施しています(首都圏在住の人対象宿の場合、2021年6月25日まで) 。

たとえば東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に在住の人限定で、通常料金61,160円/人の「星のや東京」に48,224円/人21% OFFで宿泊できたり、通常料金31,000円/人の「界川治」に16,000円/人48% OFFで宿泊できたりします!

他にも首都圏在住の人限定でお得に宿泊できる宿が色々あるみたいです。

こちらのページから首都圏在住の人が割引対象となる宿一覧が見れます。
(注)↑こののページから予約しないと割引にならないそうです!!

他にも、「東北在住の人がお得になる宿」とか「関西在住の人がお得になる宿」とか、地方によっていろんな割引プランがあるみたいです

ただ、ほくちゃん家の検索力が乏しいせいで、星野リゾートHP内で「どの宿がどこ在住の人にとって割引対象になります」みたいな一覧が見つけられなかったので、自分のお住まいの地域がどの宿の割引対象になっているか気になる方は、「星野リゾート 割引 地域別 まとめ」とかで検索してみてください。

案外全国のまとめ記事を書いてくださっている方がいたりします^^(ブログ内に予約ページへのリンクを貼ってくださっている方もいます)。

地域や宿によって、キャンペーン期間や割引率が違うので注意してくださいね。

ほくちゃん家はこれを機に、なるべく割引率の高いところに泊ってやろうと画策中です^^。

teamLabの「Borderless」「Planets」に行きたい(東京・お台場/豊洲)

Borderless

Borderless」 「 Planets 」ともに、ほくちゃん家は以前に行ったことがあるのですが、「また行きたいな~」なんて思っているうちに、新型コロナウイルス対策のため臨時休館となってしまいました(期間は未定だそうです(T_T))。

知らない方のためにさらっと説明すると、teamLabというのはプログラマーとかデザイナーとか数学者とか、いろんな方面の専門家を集めた会社で、いろんな知識を複合したプロダクトやサービスを提供しているみたいです( 仕事内容は、WEBサイト制作、アプリ政策、空間設計、TV-CM制作等、多岐にわたるそうです)。

そして「Borderless」「Planets」は、ともにteamLabがデジタル技術を活かして作った、全身で楽しめるミュージアムです^^。

ちなみに、「Borderless」はお台場、「Planets」は豊洲と、どちらの施設も割と近い位置関係にあります。

どちらにも言えることですが、入り込んだ空間丸ごと芸術品なので没入感がすごいです。

自分が現実世界とは別の異空間に紛れ込んでしまったような気分になります。

Borderless

Planets

ほくちゃん家は「すごい・・・」という言葉しか出てこないほど感動したので、まだ行ったこと無い人は是非行ってみてください(再開されたら・・・)。

ちなみに「Borderless」の方が見て回るのに時間がかかり、 “見て楽しむ” ものが多めなのに対して、「Planets」は比較的コンパクトで体を動かして遊べる作品が多いので、小さいお子さんがいる方は 「Planets」向けかもしれないです(もちろん大人でも楽しめます)。

ちなみに、入場料金はどちらも大人3,200円とまあまあいいお値段なんですが、そこがネックになって行くか迷っている方は、go toイベントの再開を狙って行くのもありかもしれないです(いつになるか分からないのですが・・・)。

どちらの施設もgo toイベントに対応しているので、go toイベントが再開されれば20% OFFで入館できます(割引率は今後変更される可能性があるので随時チェックしてみてください)。

ホテルでアフタヌーンティー

アフタヌーンティーって、なんかオシャレですよね^^。

ほくちゃん家は全然詳しくないのですが、「都内の各所ホテルのラウンジにアフタヌーンティーしに行く」という憧れがずっとあったので、新型コロナの感染状況が落ち着いたら行きたいな~と思っています。

ほくちゃん家が今まであこがれだけを募らせて、いろんな人の感想記事なんかを見漁った結果、下記3つのホテルのアフタヌーンティが評判良いことが分かったので、落ち着いたらとりあえずここに行きたいです!

覚書として書いておきますね。

ザ・リッツカールトン東京 ザ・ロビーラウンジ&バー (東京・六本木)

ティー - ザ・ロビーラウンジ&バー - ザ・リッツ・カールトン東京/ロビーラウンジ [一休.comレストラン]
開放的な空間でリッツ・カールトン伝統のサービスを心行くまで。ザ・リッツ・カールトン東京のスカイロビーの中心に位置し、伝統的なアフタヌーンティーやシグネチャードリンクとともに、リッツ・カールトン伝統的なサービスがお楽しみいただける「ザ・ロビーラウンジ&バー」。ティー - ザ・ロビーラウンジ&バー/ザ・リッツ・カールトン東...

☆価格帯
5,500円くらい~

☆口コミ
セイボリーもスイーツも抜群においしい
・45階で見晴らしが良く、ピアノ等の生演奏を楽しめる

マンダリンオリエンタル東京 オリエンタルラウンジ (東京・日本橋)

オリエンタル ラウンジ - マンダリン オリエンタル 東京/ラウンジ [一休.comレストラン]
視覚と味覚に新鮮な驚きをもたらすシーズナルアフタヌーンティー。マンダリンオリエンタル東京、オリエンタルラウンジのアフタヌーンティーは、輝かしい経歴を持つエグゼクティブ・ペストリーシェフ、ステファン・トランシェが手掛けます。日本の旬の素材を取り入れたステファンのスイーツは、一口ごとにさまざまな食感と味わいを楽しむことがで...

☆価格帯
5,500円くらい~

☆口コミ
・セイボリーが、ありがちな物ではなく工夫があって美味しい。
・38階で見晴らしが良い。
紅茶がカップ提供なので、いろんな種類を楽しめる(アイスロイヤルミルクティーが人気らしい)

パレスホテル東京 ラウンジバー・プリヴェ (東京・大手町)

ティー - ラウンジバー プリヴェ - パレスホテル東京/ラウンジバー [一休.comレストラン]
都心にありながら美しい緑と水に恵まれたプライベート空間。大人のためのシックなラウンジバー。雰囲気のあるカウンターや、心地よい風を感じられるテラス席が、店名の“プリヴェ (仏語: プライベート) ”が表す通り、充実のプライベートタイムをつくります。ランチタイムには、スライダーバーガーやパニーニ、ティータイムにはパティシエ...

☆価格帯
6,800円くらい~

☆口コミ
・フードのバランスが良い(パン系ばかりとかスポンジ系ばかりに偏っていない)。
・紅茶が飲み放題で、スタッフがこまめにに注文を取りに来てくれるので、いろんな茶葉を楽しめる
ホテルのシグネチャーケーキであるマロンシャンティイがコースに入っている


こうして書いているだけでも行きたくなってきた(^^;)。

落ち着いたらGo to イートももう一回やってくれないかな~。

そしたらアフタヌーンティーもお得に楽しめるんだけどな~。

団地巡り

団地って、なんかワクワクしますよね。

建物自体は古いんだけど、同じ形の大きい物が整然と並んでいるのって未来的な感じもして、なんだか異空間に紛れ込んだような気分になります。

ほくちゃん家は特に大規模な団地が好きで、新型コロナが流行る前は時々神奈川の方にも足を延ばして団地見学をしに行ったものでした。

団地見学は屋外活動なので比較的再開しやすいとは思うものの、よその敷地なので、このご時世なこともありまだ自粛しています。

活動再開したらまた行ってみたいと思うのは以下2つの団地です!

高島平団地 (東京・高島平)

全国に数ある団地の中でも屈指の巨大団地といえば、板橋区にある高島平団地ですよね。

総戸数は実に8,287戸もあって、入居開始の1972年当時は東洋一と言われていたそうです。

こちらには14階建てと高層の住宅もあるので、迫力が感じられそうです。

常盤平団地 (千葉県松戸市)

常盤平団地は、1962年くらいに完成した当時の姿をほぼそのままに残しているらしいです。

近年、古い団地が解体されたり建て替えられたりしている中、珍しいですよね。

常盤平団地のもう一つの魅力は、今やなかなか珍しい ” スターハウス “(Y字型の建物で、3か所突き出た各部分が各住戸になっているので、全ての住戸が角部屋というつくり)がある、というところです。

スターハウスの3面窓って、中から見た感じがどんなふうなのか気になるのですが、誰かお宅訪問されてくれませんかねえ(^^;)・

今や解体が進んでしまった赤羽団地にもスターハウスがあって、以前見に行ったことはあったのですが、既に解体準備のため敷地が囲われていて近くでじっくり見ることができませんでした( ;∀;)。

なので、常盤台団地にも取り壊しの話が出る前に、スターハウスを是非見に行きたいと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

皆さんも「行ってみたい!」と思うような場所はありましたか?

こういう状況になると、好きにいろんな場所に行けていた頃が恵まれていたんだな~、と感じます。

今はまだ我慢の時ですが、ほくちゃん家はやりたいことリストを時々眺めて日々のやる気を出しています(笑)。

みなさんも、直近の「やりたいことリスト」を作ってみてはいかがでしょうか^^?

ではでは、最後まで読んでくださってありがとうございました!

ほくちゃん家でした~^^。

コメント

タイトルとURLをコピーしました